相続

 人が亡くなると、その人の持っていた財産をどうするか決めなければなりません。遺言がない場合は、相続人全員による遺産分割協議をします。誰が相続人かは民法で定められていて、一人でも欠いた遺産分割協議は無効とされるので、誰が相続人になるかを戸籍謄本等を取り寄せて調べていきます。

 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本等と、法定相続人の戸籍謄本等を取り寄せ、読み取っていきます。相当なボリュームになりますので、取り寄せるだけでも大変です。また戸籍を読み解いていく作業も、決して簡単ではありません。特に古い戸籍は、文字の判別すら困難なものも珍しくありません。

 さらに残された財産の調査をし、それらの解約や、名義変更手続きをしていかなければなりません。場合によっては期間内に相続放棄や相続税の申告等も必要になりますので、専門的な知識がないと時間、手間、そしてリスクもあります。

 当事務所では、こうした面倒な相続関係の手続きを代行致します。相続の手続きを一括で遂行するために税理士や司法書士と連携し、事案の解決に当たります。

※行政書士は紛争性のある事案は取り扱えません。例えば、相続人間ですでに争いがある場合はご依頼をお引き受けできませんので、ご了承ください