遺言

遺言書は、いずれ家族を守ってくれる力になります。
家族への贈り物だともいえます。元気なうちに、早めに書きましょう。

 遺言書の無いケースは、相続人全員で遺産分けについて、話し合わなければなりません(遺産分割協議)。相続人一人でも欠けたら無効、さらには全員の合意が必要なため、話し合いがまとまらないケースがめずらしくありません

 しかし遺言書があれば、原則遺言書の通りに財産を分けることができますので、遺産分けをめぐる争いを防ぐことができます。注意点は、遺言書は書く時の約束事が細かく規定されているので、何も知らずにかくと無効とされてしまう恐れがあります。

遺言の種類は、一般的に自筆証書遺言と公正証書遺言があります。

 自筆証書遺言は全文を自署する方法で、簡単に書ける利便さがあります。ただし紛失の恐れが高く、不備があると無効になってしまう恐れがあります。また、家庭裁判所の検認手続きを経なければなりません。検認手続きは遺言書を発見した人、保管者がします。検認とは、家庭裁判所で相続人等の立ち合いの上開封し、遺言書の内容を明確にし、偽造・変造を防ぐための手続きです。

 公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、公証人役場にて作成します。公証人自筆証書遺言と比べると手間と費用はかかりますが、原本を公証人役場で保存してくれますので、遺言書の改ざんの恐れがなく、紛失の恐れもありません。また、口がきけない方や、耳のきけない方、自書のできない方でも、公証人にその意志さえ伝えれば、公正証書遺言を作成することはできます。検認手続きも不要です。安心、安全考えると、公正証書遺言をお勧め致します。